水虫や巻き爪は皮膚科でスッキリ改善できる|専門の治療薬で劇的改善

医者と看護師

巻き爪の適切な治療

巻き爪が起こる原因とは何か

足

現在、日本では巻き爪に悩んでいる方が大勢いるので専門的な治療を受けられる医院が充実しています。そもそも巻き爪とは、爪が横方向に巻いてしまう症状のことです。放置したままだと、爪がトゲのように皮膚に刺さって炎症を起こすこともあります。また、足の皮膚に痛みが伴うので、かばうように歩行することになります。特に高齢者の場合、歩行時にバランスを崩して転倒してしまう可能性もあります。 巻き爪が起こる原因は、あまり運動をしないことと考えられます。基本的に爪は、何もしなくても自然に内側に湾曲する性質があります。ですが、歩くことで下から圧力をかけることで、平らな爪を維持しているのです。なので、全く歩かない寝たきりの高齢者は巻き爪になりやすいです。

普段の生活の注意点とは

巻き爪になると、非常に痛みを感じます。ですから、できれば巻き爪が発生するのを防ぎたいものです。 そこで、ここでは巻き爪にならないための爪の切り方をお教えします。正しい切り方のポイントは、絶対に爪の両端はあまり切らないようにすることが大事です。できれば爪の真ん中の飛び出している白い部分だけを切っていきます。爪先の白い部分を四角くなるように切って、爪先が皮膚の先から少し出るくらいに保ちます。すると、巻き爪のトラブルが少なくなります。爪を切りすぎると巻き爪の原因になるので、切り過ぎないように注意します。そして、最後にやすりをかけて爪の先を丸くします。この時も、やすりをかけ過ぎないように注意しなければいけません。上記の方法を行えば、トラブルは起きません。