水虫や巻き爪は皮膚科でスッキリ改善できる|専門の治療薬で劇的改善

医者

巻き爪の適切な治療

足

日本では、老若男女問わず巻き爪に悩む方が多くいます。ある統計によると、日本人の10人に1人が巻き爪だといわれています。巻き爪は皮膚科を受診する事で適切な治療を受ける事が出来ます。

Read More...

皮膚科を受診しよう

看護師

水虫などは患部が痒くなるだけでトラブルとして考えると小さいと思ってそのままほっておく方も少なくありません。しかし、症状が悪化すると様々なトラブルが発生してくるので適切な処置を行なってくれる皮膚科を受診しましょう。

Read More...

皮膚科で受ける治療

顔の悩み

皮膚が軽い炎症を起こしてしまうだけならそのまま放っておく方も少なくないでしょう。しかし早く適切な治療を受けないと深刻な皮膚病などに発展してしまう場合もあるので注意しましょう。

Read More...

頼れる専門家

足

強いかゆみによって生活に負担がかかる症状といえば、水虫が挙げられます。水虫はカビの仲間の一種であり、湿度の高い体の部位や不衛生な場所に繁殖することがあります。足先に多く繁殖し、汗による湿度と靴による通気性の悪さから、この水虫に感染してしまう人は多くいるのです。水虫は皮膚に内側に寄生するので、表皮にいる細菌と同じように洗浄することで駆除することはできません。水虫菌を殺菌するには、専門の皮膚科へ診察を受ける必要があるでしょう。皮膚科では、皮膚吸収により浸透できる治療薬を処方してくれます。水虫に寄生された箇所にこの治療薬を塗布することにより、水虫の症状を効果的に改善させることができるでしょう。

皮膚科では水虫治療の他に、爪や肌のトラブルに対して効果的な治療を行ってくれます。多くの人が抱える巻き爪の問題は、皮膚科のクリニックなどで治療ができます。フェノール法を用いることで、巻き爪によって肌に食い込む箇所へ薬剤を塗り、爪の再生を抑えることで巻き爪の負担を解消させてくれるのです。ほかにも、ニキビによる症状も皮膚科は治療してくれます。ニキビの治療を行なう場合、多くの人は市販の治療薬を使用するものです。しかし症状が激しい人ですと、市販薬の使用でも効果が現れない場合もあるので注意が必要となります。皮膚科では肌の炎症を抑えると同時に、ニキビを引き起こすアクネ菌を効果的に殺菌できる薬剤を処方してくれます。医薬品であるため、市販の薬よりも効果が高く、肌への負担も少ないことから多くの人に利用されているのです。